« 2011年2月 | トップページ | 2014年8月 »

2011年6月

良い言葉に出会った

その言葉は、「芸術・文化は何のためにあるのでしょう。答えは簡単です。人生をより楽しく生きるためのものです。芸術・文化に携われば、もっと輝いた自分、予想もしなかった生き方が発見できるでしょう。芸術・文化は優劣を問うものではありません。「見知らぬ自分と出会う」ためにあります

私がUシティフィルに参加してはや五年目、あくまでも趣味の領域で、とても「芸術・文化」に携わっているとは思いがたいが…、上達しないイライラを「優劣を問うものではない…」というくだりが、う~ん!そうなんだ~!と、感心した次第ですわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2014年8月 »