« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

雨後の・・・

竹の子掘りに行った娘夫婦から、竹の子を沢山貰った。ワカメと炊き合せ、木の芽和え、筍ごはん、ちらし、さしみ、佃煮風等々でまだまだある・・茹でて水に漬けて時々水を替えたら年末まで持つとか??

「雨後の筍」って知ってるか?「いや、知らん、初めて聞いたわ」「ふーん、雨が降った後は地表がやわらかくなり、あちこちから同じ様な筍がニョキニョキとでる様子の事なんや!」「例えば??」「そうやな~裏金問題や今の高校野球特待生問題なんか、そうやろうな~!」

何で、よくおぼえているかと言うと、高校時代の和英問題(陣山先生のとき・・同期の人が見たら解るでしょうね)で出て、“なんのこっちゃ、これ”??「だるま・・手も足もでんで」の記憶から。

今は、便利。和英で検索→like mushrooms after a rain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい町:城陽

Aaoohanash 鮮やかな紫色が印象的な城陽市特産の花「ハナショウブ」の出荷が、同市南部のビニールハウスでピークを迎えている。つぼみのまま市場に運ばれるが、刈り取りを待てずに咲いてしまった花も散在し、朝日を浴びて輝いている。

  わき水に恵まれた市南部は全国有数のハナショウブの産地で、農家十数件が年約200万本を京都市内を始めとした京阪神地域に例年、6月初旬まで出荷している。生け花などに使われるが、近年はスーパーなどでも販売されている。

写真は小生の提供ですので・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方選挙戦IN城陽

城陽市議選で元市長(71歳)が最下位(900票あまり)で落選した。7年まえの当社の創立30周年記念式典に来賓として出席してもらい祝辞を戴いたりしていたので身近に感じていたのでびっくりした。当時、彼は中央から来たキャリア組であり、党と党の戦いで当選したが3期目には負けた。今回の市議出馬は私の地元ではないので詳しい事は解らないが新聞では「前市長“まさか の落選”」と報道されていたので知名度もあり、通ると皆が思っていたのだろう。市議選等は友人、知人、近所付き合いの大小が大きなウエイトを占めるらしい。やたらと握手したり、ぺこぺこしたり、2000~3000票の中に20数名が競うわけだから勝手が違ったんだろう。

以前に話した時は「市議の給料の高さ」・・市長の自分より高い人が何人も居るとか言ってたが、期間中に当社の近所での訴えも、元市長とかは言わず「形で実現します!」などと車の中から聞こえてきたので、その辺の改革かな~と思ってたが。

長崎市

長選など、選挙には何所でも悲喜交々であると実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AEGIS

イージス艦艇の海自からの秘密漏洩が報じられているが…たまたま福井晴敏の《亡国のイージス》にのめり込み、興味深々!!
やはり話題になる様な本や名作と言われる本には…感心するね〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平安のロマン:宇治

0301_1 千年の歴史と文化に育まれた宇治の豊な魅力を一市民として紹介しておきます。宇治橋商店街や主要なスポットに貼ってあるポスターのデザインは非常に評判がよく、油取紙などに使われ出したらしい。
世界最古の長編小説と言われる『源氏物語』の執筆の時期は、定かではありませんが、『紫式部日記』には寛弘5(1008)年11 月1日に「若紫」「源氏」の記述があり、当時既に『源氏物語』が宮中で読まれていたと考えらます。京都府ではちょうどその千年目を迎える平成20(2008)年に向けて、「源氏物語千年紀」として多彩な展開をすすめていくことになりました。また、JR西日本も協賛??Index04 してゆかりのある京都市や大津、福井の一部の地図で紹介している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レジオネラ菌?

昨日、いつもの様にテニス後、ビールで癒した後、仮眠+サウナ+風呂での疲労回復用に入会しているテルサに行くと、入り口で「レジオネラ菌」・・・云々の説明で本日の入場料(300円)は無料で、シャワーでよければOKで。身近では聞いた事がないので調べてみた。

府は16日南区の府立府民総合交流プラザ(京都テルサ)にあるフィットネスクラブの男子浴槽から、基準値を57倍上回るレジオネラ菌を検出した、と発表した。府は同日から浴槽の使用を禁止したが、フィットネスクラブは営業を続ける。今のところ原因は不明だが、利用者からの被害連絡はないという。近く消毒と再検査を実施する予定。浴槽は循環型で他の浴槽にはつながっていないという。

レジオネラ菌といえば、数年前に24時間風呂の装置で問題となってから、なんとなくお風呂の怖い細菌という程度しか分からなかった。温泉施設にもレジオネラ菌の脅威が切実にあることが分かってきたので、レジオネラ菌問題がどういうことなのか調べてみた。

レジオネラ症は、1976年にアメリカのフィラデルフィアのホテルで米国在郷軍入会総会が開かれ、その参加者が集団で原因不明の肺炎がかかったことが発見の発端だ。このとき221名が発症し、34名が死亡した。この病気は在郷軍人会Legion(レジオン)の名前をとって「レジオネラ症Legionella」という病名がつけられた。

ふ~ん!憶えておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暇なひと時

暇なひと時
宇治川のほとりの桜の木の下で休んでいたら1・5㌢の青い虫が横に置いた傘の上に落ちてきた。尺とりで端まで来ると…迷った様子!傘を少し叩くがしつこくくらいついていたが…とうとう糸でぶら下がった。ぐるぐる回ったり、ねじったり、尻上がりを試みたり20分ほど飽きずに観察してた。スゴーイ体力!!撮影後…土に落ちて行方不明になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賞味期限表示って??No3

N園のお茶漬けやフリカケニに使われている原料の乾燥具材の賞味期限は当然決められている。しかし、一袋、一袋に充填してしまうと・・・・どうなるのでしょうか???

例えば「鮭」の賞味期限が4月30日とした場合は?、例えば、本日20日に他の具材と混合して常温で詰め合わせて一袋にして・・・さて、さて??このお茶漬け小袋の賞味期限は??一年と決めており=「08.4月19日」と印字されるのである。単純計算で期限ギリギリで食べれば「鮭」は期限切れ「355日」経過した物となる。

まか不思議。19日期限のものであれば・・・・F家と一緒で企業のコンプライアンス感覚が欠如している!!と叩かれるのかな??又は開封後・・?・日と逃げ道を作っているのだろうか?でも、おかしい、矛盾=現実

なのに、F昆布の日付の印字ミスでの回収騒ぎ、中身は全く問題がないが回収廃棄処分にされる。資源の無駄。ある投稿で「スミマセンセール」で売ればってね!!医療のミスは許されないが・・・はっきり〈単純ミス〉ならと思うのは・・・私だけで無い筈!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UCP定期演奏会

Ucp1 最終版が出来上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい 「言葉」に逢った!

『同期の桜』は、いつでも、そして、いつまでも咲き匂っているのが、『千年の桜』よりも美しくてよいところですね。・・・さくらの時期に同期の会合に出ていただいた恩師からの返礼より。

善友は助け合って成長する。悪友は誘い合って堕落する!!・・ある人生読本の中で上記の友を思い浮かべながら、なるほど!よく、言い当ててると感心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賞味期限表示って??No2

さて、当社が物を造るに当っての原料資材及び食品添加物についての賞味期限表示内容は 「製造年月日」 「ロットNo」 「使用期限」 「表示無し」等さまざまな様式があり、在庫管理、品質管理、賞味期限等の管理面で問題が発生しないように細心の注意をしております。特に最近は一段と「食の安全、安心」が要求されており、当社の使用している原料資材及び食品添加物においても「安心、安全」について、更なる対応が必要であると認識している次第です。

つきましては、「安心、安全」の確保の為にも納入業者各位へのお願いでありますが、今後納入していただく原料資材、食品添加物の表示ついて、賞味期限表示に統一して頂きたくお願い申し上げます。併せて「納入限度日」について「賞味期限が」70%以上残っている商品を納入して頂くよう重ねてお願い申し上げます。

さぁさぁ!大変だ~ぞ!塩、砂糖はロット管理だし、添加量が0,01%ぐらいの添加物は?・・・まだ答えはない!!必要かね??視野が狭いのか・・世界はどうなってるのかな~??ホンマ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賞味期限表示って??

ある食品製造会社は、年間1000種もの商品開発をし、うち150種ほど上市するが、一年後に市場に残っているのは僅か、10種類程度が普通である。そんな中でもSM,CVS等は賞味期限の残りが3分の2残っている物しか受け取拒否である。如何に対応するか??多品種、小ロット生産「ジャスト・イン・タイム」しかないが・・・方やコスト競争ありで、難しい時代である。

本来、賞味期限はメーカーが決めるのである。しかし、缶詰やレトルト、冷凍食品等はいくらでも持つのだが古い物は食べたくないとの慣習があり、「これぐらいにしておこうか」なんて結構いい加減で決めているふしがある。

そこで、当社も賞味期限を90日伸ばすデータを揃えた。

しかし、何となく・・・むなしい~面、あぁ~あ!!泥の付いた大根が売れないのは日本だけ!!賞味期限があと一ヶ月の商品のどこが悪いんや!!

科学的試験データ

検体

一般

生菌数

カビ

酵母

大腸

菌群

塩分

pH

Brix

官能検査

規格

3,000

300

陰性

12.18

5.00

31.0

良好

キー

サンプル

0

0

陰性

11.34

5.04

30.3

良好

12ヶ月

保存製品

0

0

陰性

11.33

4.91

30.4

有意差なし

だし風味あり

醤油風味あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平等院と桜

Photo_4 仏徳山(大吉山)より平等院を鳥瞰写真。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後64日になったぞ

後64日になったぞ
練習にも…みがはいったかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと65日!

070413_0943 さぁ、チラシの版下が出来たぞ!入場券、ポスターに連動出来るし。後は当日用のパンフだ。私としては、この文化事業団基金助成事業に、はじめてのお手伝いが出来て、当日が楽しみだ!えぇ??何か弾くの!吹くの?叩くの??いいえ!スタッフとしてやってます。しかし、練習には見学で参加し分奏、合奏を聞いていると・・段々旨くなるのが解り、ハーモニーが決まるとホント気が癒されるね。今度のメインはブラームスの「交響曲第3番」。

この曲を初演した指揮者ハンス・リヒターが、「この曲は、ブラームスの《英雄》だ」といったことから、この曲は、俗に「英雄」とも呼ばれてる。しかし、この曲は、ベートーヴェンがナポレオンに捧げようとした「交響曲第三番」のようなエピソードもなく、また英雄を標題的に描こうとしたものでもない。だが、この曲は、ブラームスの四つの交響曲の中では、ひときはたくましく、スケールの大きな作品となっているのである。特に4楽章の終わり方がなんとも・・・もう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

27gが18gに???

世の中には時々「フゥ~ン」とか「へぇ~」とか「う~ん」とか「うっそ!」とかに出会う。人間ってほんと偉い人が多いな~。今日はその一!

現行の500mlのペットボトルは硬さや厚みを最低限に抑えてもせいぜい55℃~65℃ぐらで変形してしまう。さらなる流通コストの削減や軽量化の研究開発で「大塚製薬」のポカリスエットで成功した。「陽圧無菌充填」:無菌室で常温で充填後窒素で陽圧にする方法なので高温で充填する必要がない。更に開栓前はボトルは本来の硬さを保ち開栓時にはボトルが手になじみ持ちやすく、しなやかな感触に変化しリサイクル時もつぶしやすい。これにより、年間2700トンの樹脂が削減、原油に換算すると4000klもの削減、8300トンのCO削減になるという。・・・へぇ~!

今既に板状の断片をふくらませてする方法が・・・一部あるとか?聞いた事があるが・・えらいぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本語ブログは世界一!?

NHKの国民生活時間調査がまとめたところでは、新聞を読まなくなった30代の男性が割合からすれば30年前に比して80%から29%と言う下落幅だって。原因は活字離れ、テレビ、インターネットの影響などを指摘。新聞の部数減少や週刊誌の廃刊が続くところを見れば、今更ながら因果関係は一目瞭然だ。一方で、若者世代が中心と思われる簡易式の日記型ホームページ「ブログ」は世界一のシェア。日本語で発信されている物は、それまでの首位である英語を上回り世界ブログ全体の37%に達している。新聞は読まないが、情報は発信し続ける奇妙な世代が出現した。新聞ファンである高齢者の増加で部数は激減していないものの、危機に違いない。週刊誌でも総合型より専門型は部数を増やしている。専門性、特殊性を持つ情報の価値は決して薄れておらず、手に入りにくいものは何時の世も重宝される。

テレビはニュース(野次馬根性で)や格闘技程度、ネットはするし、新聞は好きだし(トイレ用?)、ブログはするし、私は何所に属するのか迷う記事である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エィジィーブロサム??

エィジィーブロサム??
寺田川堤の桜並木には100本の桜が花盛り、又一本一本に順番に番号札が掛けてあり、今日は64を写真に納めた。さぁ!これからは毎年エィジィーシュートでなくエィジィーチェリーブロサムとして毎年春に順番に写していこうか!目標はパー?迄でいいだろうか?
もっともほんとのゴルフの目標は…ハーフでエィジィーシューターなんだがね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被害者と加害者No2

あるあるの記者会見で社長の調査結果報告をテレビで聞いていた。被害者は誰???誰に謝罪してるの???

実被害者は納豆メーカーである。大手スーパーから大口の注文が入り、バイイングパワーの経験上、品切れは売価補償を要求されかねない。さぁ大変だ。生産計画をたて、材料はなんとか確保出来た。作業者も割高だが残業の強要と、派遣会社からの人も確保できた。その分の作業着や長靴を至急に注文し、着替え室も臨時で用意し、しかも、弱小のスーパーの注文は断って、何とか要望の数量を数日間、応えることができた。そして、捏造報道がされるまでてんやわんわの大騒ぎ・・売上は上がるがそれも痛し痒し。その後は在庫は溜るは中小からはソッポむかれるは、長靴や、作業着は・・・一体「どないしてくれんね!!」消費者はなんの被害も受けてないぞ!謝るぐらいなら、我々の補償せんか~い!!まして、テレビディレクターからスーパーのバイヤーに事前情報として「ダイエット番組は視聴率は絶対」だから、売場に「あるあるで放送した翌日から・・・」通常の3割アップになり一週間分手当てした方が・・・で中小は品切れが続出したとか!!

司会者をはじめ、スタッフ一同が出てきて「お騒がせ」の謝罪しろ!ホンマ!

テレビ離れが進み「賢い消費者」になるのが一番!かね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら祭り、花まつり、復活祭

Photo_2 絶好の花見日よりに恵まれて宇治川さくらまつりから近所の自衛隊宇治駐屯地内のさくらまつりにはしごした。道すがら、仏教寺院や教会もあり、方や花祭り、方や復活祭と・・

その後は選挙に行き、まぁ、またまた小市民的(小幸せ)な一日であった。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

客を接待するには・・

何のかんのと、ろくでもない料理をうるさくすすめて、くだらないお世辞を交換し、おかしくもないのに、やたらに”おほほ”と笑い、まぁ!なんて珍しくもない話に大仰に驚いて見せたり、一から十まで嘘ばかりの社交を行い、天晴れ上流の客あしらいをしてるつもりのケチくさい小利口の大馬鹿野郎どもに、・・・

そのまんま「今の我々」でないのか???本音は?

はぁ~疲れるよな~世間との付き合いは!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被害者と加害者No1

以前《味再会の仲間9人》で魚料理が自慢の店で食中毒に遭った。(幸か不幸か??私だけ生物がダメなのでどうもなかったんだが)自営業の方が3日ほど苦しみ仕事が出来なかったり、他も医者にかかったりした。その7~8日後ぐらいに、全員の住所の所轄保険所より電話があり、私にも「何をたべたか??全部いってくれ」・・・ウーンきのうの事も思い出せないのに・・・皆の話を総合して調書を作り上げてからお店の処分??営業停止3日間!その間に店長からのお詫びと費用額の請求云々とあり、医療費や、自営業の日当的なものまで補償したようだ。保険に入っているのでご心配なく!!だってさ!

しかし、不二家問題はどうだろうか?被害者の居ない加害者??自主再建もダメになり、山崎の傘下に入った。確かに食の安心、安全に対する社内規定のチェック体制が杜撰、また、隠蔽体質は問題があったが・・・なにも「あそこまで!」と思うのは私だけでないはず。所謂「お灸をすえる」的な営業停止、監督官庁の指導等々で新社長の考えの浸透、周知徹底でいいのでは。金融関連会社では日本、いや世界に及ぼす影響が大のため、国が逆に支援しているのであるから・・・社員、関連の人たちや納入業者も・・・割り切れないだろーな~!!

マスコミの取上げ方(みのもんた等)及びスーパーの対応(ミルキーまで棚からはずす等)、考えさせられる問題である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口は・・・災いのもと!

またまた入庁式等でのトップの訓示がマスコミで取上げられているが・・・

臨場感と言うおか?その場に居ないと理解出来ないのではないだろうか。話の前後、会場の雰囲気、対象者等々を相手に、演者たる者は一週間前あたりから「どうしたら?どこで笑いをとるか・・、こちらの話に引き込めるか・・なんて」考えているのだろう。だから問題の言葉だけを取上げて攻撃するのは如何なものかな!例の厚労省大臣の発言でも・・・多分会場の女性達の大部分は「クスゥ」と笑えるようなもんではなかっただろうか?!それを大事な国政の会期中にも係わらず、審議拒否とか、現内閣の体質の表れである!!なんぞと、大声でのたまった党首の方が余程の馬鹿発言で、女性識者(曽野綾子さん等)からも顰蹙をかい、いくら政権交代を標榜しても・・あぁ~あれではダメだ!と失望した。

身近では「パワハラ」とか「セクハラ」とか併せて「個人情報保護」等々で・・・・も~おぅ!う~ん・・・しゃべったらへんど!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜、さくら、桜まつり!

Sakura1 各地からの桜便りが頻繁に掲示板等を賑やかしている。

ある紙上にあった薀蓄を記録しておこう!

花見のルーツは「日本後記」によれば平安時代の貴族や上流階級の人々に限られていたが、江戸時代、吉宗の時代頃から庶民の娯楽に広がったそうな。日本には約400種の品種があり、ほぼ一年中日本のどこかで桜の花が楽しめるはずである。そもそも山桜が主流だったが、現代は桜と言えばソメイヨシノである。若木のうちにから花を咲かせ、成長が早いと言う特徴から、戦後に植樹が進み、今や全国の桜の約八割を占めている。栽培種の開発が活発な江戸後期にソメイヨシノは東京・染井村で開発され武家屋敷に多く植えられたと言う。当初は桜の名所「吉野」に因み「吉野桜」と名付けたがその後に「染井吉野」に変更。これが需要拡大に寄与したとか?

命名はヒット商品の命である。味の素!いい名前ですね。売れれば会社名でも違和感なし。

後記:毎日記のつもりが昨日はココログがメンテナンス中で書けなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モブログは便利だ

モブログは便利だ
「モブログ」と言う機能(=モバイル+ブログ)があるから便利で携帯から投稿出来るので有り難い!今日は木津川を歩きながら何箇所かで写真の様なカンハンをよく見掛けた《河川レンジャー》また目立つもねだ!
何のこっちゃ???
国土交通省が主導で河川に対して市民参加型のプロジェクトとか… 因ってあちこちで護岸工事中。息子が少々関係ある仕事なので景気がええやろ…とー聞いたら…業者も多くそうでもないでー!
川は道路と違い、数を簡単に増やす訳にいかないしーな!
そらそうかもな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャークサイ!!

落語か小話で「ジャークサイ」を聞いたことがある。ものぐさ二人が酒を飲みながら掘り炬燵に入り、隣の部屋の火事を消すのが二人とも、そんなん「ジャークサイ」と言って二人とも焼け死んだ話である。この話を朝礼で取り上げ「ジャークサイ」事を率先することが会社の利益!である。例えば倉庫の整理整頓、トイレの履物の整える等々で・・・過去に一席ぶった。

加齢と共に確かに「ジャークサイ」と思う事が多い。最終、食べることが「ジャークサイ」と思う頃に死んでいくんであろうな~!

過日後輩から西宮の会館での春のコンサートへの誘いがあった。・・・う~ん、宇治からは遠いし「ジャークサイ」な~!!で断っただが・・・

数日後ある友人から西宮のさるところで飲み会をするので出欠云々のメールが・・・即刻喜んで出席、出席します!とすぐ返信した。

当分「死ぬ事」は無さそうである。

解説:「ジャークサイ」=邪魔くさい=面倒くさい・・・ですぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »